医学部 臨床医学総合内科学General Internal Medicine

JapaneseEnglish

研究室HP

総合内科学は、集学的医療部総合診療センターとして、生活習慣病外来、漢方外来、女性総合外来を統括、発展させる部署として2012年4月に発足した。
生活習慣病の分野では、メタボリックシンドロームや肥満症、脂質異常症、糖尿病、高血圧症を中心とした研究を推進する。内臓脂肪蓄積を疑う症例にInbodyやデュアルインピーダンス法を施行しその評価を行い、家族性高コレステロール血症(FH)など、動脈硬化性疾患の発症と密接に関連した脂質異常症の疫学研究を行う他、心血管イベントの予測因子としての脂質代謝酵素の動態の解明を進める。
漢方の分野では、慢性疲労モデルマウスを作成し、その病態を解析する。特に中枢神経系の病因を疑い、特に海馬の機能的、携帯的変化を確認するが、今後は臓器別に免疫染色、PCRを行うことにより、病態解明、バイオマーカー確立を目指す。
女性総合医療では、地域医療崩壊の中、女性医師支援や女性外来チーム医療を通して、新しい性差医療形態の構築を目指している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線5404、5401) +81-76-286-2211  / FAX: 076-286-2702 +81-76-286-2702  / Email: general@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 小林 淳二 総合内科学 小林Dr.

臨床教授

  • 古田 壽一

准教授

  • 赤澤 純代

臨床准教授

  • 上西 博章

講師

  • 守屋 純二

助教

  • 澤田 未央
  • 山﨑 愛大

主な研究業績

部門別研究業績

  • Kakuda H, Kobayashi J, Kakuda M, Yamakawa J, Takekoshi N.The effect of anagliptin treatment on glucose metabolism and lipid metabolism, and oxidative stress in fasting and postprandial states using a test meal in Japanese men with type 2 diabetes. Endocrine, 2015 ;48:1005-9.
  • Yamakawa J, Moriya J, Takeuchi K, Nakatou M, Motoo Y, Kobayashi J. Significance of Kampo, Japanese traditional medicine, in the treatment of obesity: basic and clinical evidence. Evid Based Complement Alternat Med. 2013;2013:943075.
  • Moriya J, Chen R, Yamakawa J, Sasaki K, Ishigaki Y, Takahashi T. Resveratrol improves hippocampal atrophy in chronic fatigue mice by enhancing neurogenesis and inhibiting apoptosis of granular cells., Biol.Pharm.Bull., 34: 354-359, 2011.
  • Noguchi T, Kobayashi J, Yagi K et al. Comparison of effects of bezafibrate and fenofibrate on circulating proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 and adipocytokine levels in dyslipidemic subjects with impaired glucose tolerance or type 2 diabetes mellitus: Results from a crossover study. Atherosclerosis. 217:165-170, 2011.
  • Yamakawa J, Moriya J, Takahashi T, Ishige A, Motoo Y, Yoshizaki F, Kanda T. A Kampo medicine, boiogito, inhibits obesity in ovariectomized rats, Evid Based Complement Alternat Med, 7:87-95, 2010.

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)「心血管イベントの予測因子としての脂質代謝酵素の動態の解明」(2015-2017)
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)「非アルコール性脂肪肝炎の予測因子としての脂質代謝酵素測定意義の樹立」(2011‐2013)
  • 科学研究費補助金 若手研究(B)「慢性疲労症候群の漢方治療における中枢神経系の再生機構」(2008-2010)
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)「アンジオテンシンⅡ 1型受容体阻害薬のインバースアゴニスト活性について」(2006)
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)「防已黄耆湯のメタボリックシンドロームに対する効果の解析」(2006)